パチンコ・スロット全般

【損するオカルト】パチンコ・スロットのオカルトは損する?【損しないオカルト】

ゆう
ゆう
今回はパチンコ・スロット界で長い歴史のある(?)オカルトについてまとめました。

元ギャンブル依存症で借金経験が有り、期待値稼働で500万以上稼いだ経験もある私がパチンコ・スロットで損するオカルトと損しないオカルトに分類して説明します。

何故損するのか、何故損しないのかも解説していきます。

各々がパチンコ・スロットに求めるものを見直して、より充実したパチンコ・スロットライフを送ってください。

依存気味の方は思考の矯正に役立ててくれると幸いです。

【損するオカルト】パチンコ・スロットのオカルトは損する?【損しないオカルト】

一口にパチンカースロッターと言っても、オカルトに関しては十人十色だと思います

  • オカルトを本気で信じて勝つ為に実践する人
  • 楽しむ目的程度で実践する人
  • オカルトの類は一切考えない人
    等々…

結論から言うとパチンコ・スロットで継続的に稼ぐ方法は期待値に基づいて打つ以外方法が無いので、オカルトで継続的に稼ぐ事は出来ません。

しかし、全てのオカルトが損に繋がるかというと、そうでもありません。

損しないオカルト

まずは損しないオカルトについて説明します。

一言でいうなら

出玉率に関与しないオカルトです。

いくつか例をあげると

  1. 勝負パンツを履く
  2. 全く同じ調整のパチンコ、同じ設定のスロットを打つ時に角台を優先する(遊タイム、天井非搭載の場合)
  3. 祈りながら打つ
  4. 普段と逆の手でレバーオン
  5. 台を拭く

これらのオカルトが損に直結しない理由としては

どんなパンツを履こうが、ノーパンだろうが
角台を優先しようが (遊タイム、天井非搭載の場合)
シスターの格好をして祈ろうが
逆の手だろうが肘だろうが頭だろうが、何でレバーオンしようが
台を新品同様に磨こうが撫でようが

1ミリも出玉率に影響は出ない為です。

時間効率を考えると多少の影響はありますが。

ゆう
ゆう
クジ引きをするときにクジが入ってる箱を磨いても当たる確率が変わらないのと同じです。

損するオカルト

では、損するオカルトとは…

前項の逆のオカルト、つまり

出玉率に関与してくるオカルトです。

例をあげると

  1. STが駆け抜けそうだから保留を消化しきるまで打ち出しを止める
  2. ジャグラーで流れを変える為に空回しする(全リール)

このあたりが該当します。

この二つは

自身が得た権利を破棄する行為

という部分が共通しています。

1に関しては振り分けが優遇されている電サポで消化する権利を得ているのに、その権利を破棄してヘソで消化しています。

ジャグラーの場合、レバーオンで小役が成立していても自動停止で強制的にハズレになります。(全リール空回しの場合)
小役の払い出しを受ける(かもしれない)権利をレバーオンの時点で得ているのにそれを破棄していることになります。

得た権利を自ら破棄するということは、当然

出玉率に関与してきます。

極端な事を言えば

AT中にわざとペナったり
⇒小役が揃って払い出しを受ける権利を破棄

保留4なのに打ち出しを止めないのと同じです。
⇒抽選を受ける(かもしれない)権利を破棄

出玉率に関与するオカルトは損に直結するので要注意です。

まとめ

今回は損するオカルトとそうでないオカルトを解説しました。

オカルトで稼ぐ事は不可能ですが、全てのオカルトが損するってわけでは無いです。

パチンコ・スロットに対して各々の楽しみ方や求めるものがありますが、お金がかかっているものなので、楽しむ目的であってもコスパが悪い打ち方を求めている人は居ないと思います。

どうせオカルトを実践するなら損に直結しないオカルトを実践しましょう!

ゆう
ゆう
良いパチンコ・スロットライフを!