脱養分

【根拠無しの思考はゴミ箱にポイ!】パチスロで負けている人にありがちな思考

こんにちは。

キタカツ管理人のゆうです。

今回はパチスロで負けている人にありがちな思考を紹介します。

パチスロで勝ちたいけど、収支がマイナスな人向けです。
参考にしていただいて、間違った思考を捨てて継続的に勝つ一歩を踏み出してください。

※打つことを楽しみたい人向けではありません。

先日の記事では負けてる理由も書いたので、是非↓

パチスロで負けている人にありがちな思考

負けている人がやりがちな間違った思考の例を紹介します。
何故間違っているのかの理由も後半で説明していきます。

  • ハマっているからそろそろ当たる
  • いっぱい当たった後だから、今日はもう出ない
  • ○○の店は出ないor出る
  • ○○(機種名)は出るor出ない
  • 新台は出る
  • あの時辞めていれば…
  • 自分が辞めてからハマっていたからラッキー!

これ以外にも色んな間違った思考がありますが、とりあえず今回は上記の思考が何故間違っているのかを説明します。
ちなみに上記の思考は大きく3つに分類できるかと思います。

  1. 波理論系
    ・ハマっているからそろそろ当たる
    ・いっぱい当たった後だから、今日はもう出ない
  2. イメージ系
    ・○○の店は出ないor出る
    ・○○(機種名)は出るor出ない
  3. タラレバ系
    ・あの時辞めていれば…
    ・自分が辞めてからハマっていたからラッキー!

ネーミングセンスが壊滅していることは大目に見てください。笑

それではこの3つそれぞれについて説明していきます。

波理論系

この考え方を元に打ち始めのタイミングや、ヤメ時を決めると負けます。

その理由は
『過去の抽選結果はこれからの抽選確率に一切影響を及ぼさない為』です。

サイコロで例えます。

6面サイコロを10回振った結果が次のA,Bの2パターンだとします。

  • A:6が10回出て、他は0回
  • B:1,2,3,4,5がそれぞれ2回出て6が0回

このAとBの結果が出た状態で、サイコロを振るとします。

Aは6がいっぱい出てるから6はもう出ないでしょうか?
Bは6が出てないから6が出やすいでしょうか?

関係ないですよね?
どの出目も常に1/6です。

このサイコロの例えからも分かるように、パチンコ・スロットでいくらハマっていても、いくら当たり回数が付いていても、当たる確率は変わりません。

すなわち、グラフを見て波を読んで、それを元に打つ台を決めるということは
『期待値に関係ない部分』を基準に台を選ぶことになるので、結果として継続して勝つことに結びつくことは無く、トータル収支マイナスに繋がります。

サイコロで過去100回の出目の履歴を知ったところで、次に出る出目を予想することは不可能です。

勝ちたい気持ちが有る方は
『グラフを元に波を読む』という考えはきれいさっぱり捨てましょう。

イメージ系

イメージ系とかいうクソみたいなネーミングでごめんなさい。笑

これはその名の通り、根拠の無いイメージによって店や台を一括りにして考えることになるので、これも負けている人がやりがちです。

まず最初に、出てる出てないって見方自体があいまいで根拠が無いです。
釘が激渋でボーダーマイナス10のパチンコでも、設定1で機械割が96%の台でも、連荘している瞬間を見れば
『出ている』ように見えます。

逆に釘がガバガバでボーダープラス15(極端)のパチンコを打っている人がいても、設定6で機械割115%の台を打っている人がいても、貴方が見た時にハマっていて当たり回数が付いていなかったら
『出ていない』ように見えます。

継続的に勝つ為に必要なことは期待値がプラスの台を打ち続ける事だけですが、トータル収支がマイナスな人が期待値がマイナスの台を打っていても
『出ているように見える瞬間』は訪れます。
客付きが良ければ尚更『そう見える』瞬間が訪れやすいです。

その台の釘がどんな調整か、その台が高設定かどうか
この2点が継続的に勝つ為に必要な情報なのに、それとは全く関係ない一時の印象を基にした立ち回りは、継続的に勝つこととは無縁の思考です。
※天井、遊タイムはここではややこしいので今回は無視します。

例えば絆2を10人が打っていて、その内7人がAT中だったとします。
確かに全台高設定であればある程、その状態に出くわす可能性は高いです。
しかしあくまでも可能性です。

たまたまその瞬間を見て
この店は出る!
とか
この台は出る!
とか考える事はヤメましょう。

パチスロであれば甘いかどうかは全て機械割次第です。
好きな台でも嫌いな台でも、荒い台でもマイルドな台でも、結局機械割です。
数字です。

パチンコであればどの程度ボーダーより回るかです。
好きな台でも嫌いな台でも、荒い台でもマイルドな台でも、結局釘です。
※技術介入も関係しますが
数字です。

サイコロを5人が振って皆1が出たからといって
『この店のサイコロは1が出やすい』
『このサイコロは1が出やすい』

とはなりませんよね?

イメージで機械内部の数字を捻じ曲げることは不可能です。
イメージで台や店を一括りにしたり、それを基に打つ台を決めるていると継続的に勝つことは不可能です。

どの店でどの機種を打っても
釘調整が同じだったり
設定が同じで
換金率が同じなら
期待値は一切変わりません。

店によって変わるなんてことはありえません。
台は機械です。

日付や、時間帯なども当たる確率に1ミリも関係しません。

サイコロを関東で振ると1が出やすいとか
サイコロが黄色いから6が出にくいとか
それぐらい関係ないです。

勝ちたいと思っている人は、この思考を捨てましょう。

タラレバ系

ネーミングは勘弁を(笑

タラレバはまず第一に、考える事が無駄です。

極端な事を言えば
『昨日買った宝くじで2億当たってたらな~』
って考えるぐらい意味が無いです。

自分が辞めた台を他の人が打ってすぐ当たったり、ハマったりしても
自分が次に打つ台の当たる確率は変わらないし、自分の財布から金が抜かれるわけでは無いです。

自分が辞めた台は当たる確率が上がるわけでもないです。

自分がサイコロを20回振って6が1回も出なくて、そのサイコロを他の人に渡して1回目で6が出たとしても、自分が振ったら6が絶対出ていたわけでもないし、他の人が40回振っても6が出ないかもしれません。

未来は誰にも操作出来ません。

『うわ~辞めた後めっちゃ出てるから辞めなければよかった』
って思考は継続して勝つ為には不要です。

勝ちたい人はこの思考を捨てましょう。

最後に

慣れていない人からすると全体的に結構機械的な思考だと思われるかもしれませんが、継続して勝つ為には勝つ為に必要な情報と思考さえあれば勝てるし、不要な思考は勝つ為の立ち回りを邪魔をすると思うので紹介しました。

ちなみに、どんなオカルトや勝つ為に不要な思考だとしても考えているだけで行動に移していなければ一切損はしないので、楽しむ為にそういった考えで打つことは問題ないと思います。

とはいえ、勝ちたいのなら間違った思考を捨てた方がいいです
その理由は、間違った思考が勝つ為の立ち回りを邪魔することが有る為です。

何度も伝えていますが、継続して稼ぐ為には期待値がプラスの台を打ち続ける以外に方法はありません。

しかし、間違った思考が根付いていると

  • ハマっているという理由でクソ釘の台を打つ(遊タイム非搭載と仮定)
  • 波を読んで低設定のジャグラーを打つ

等の損に直結してしまう行動に走ってしまい、期待値度外視の台選びをしてしまいます。

打つ理由と辞める理由の両方が数字に基づいていなければ一生給料は溶けます。

一言で纏めると期待値以外は全てゴミ箱にポイしましょう。

損に直結するオカルト行為の例をまとめた記事も書こうと思います。

ご覧いただきありがとうございました!

勝ちたい人向けの教材無料プレゼント中です。↓

ツイッターもよろしくです↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: o3064119613936142123-1024x400.jpg